セックス依存症の人妻をハメ撮りしてやった【画像あり】

 

アダルト寄りな出会い系アプリを使ってる女を種別にして分けてみました。

 

先ずは圧倒的に多いのが援助交際。

 

もうそれこそ7割位イクかも(笑)

 

残りは当然恋人探しや、ライン友達、飲み友を探してる人が多いですね。

 

極少数だけど、ホントにセックスが好きで出会い系を使ってる女もいるので見逃せません。

 

しかし見極めは非常に難しいです。

 

まぁ個人的な経験からすると、ラインからお友達になって、蓋を開けると実は、ってのが多い感じです。

 

それと、セックス依存症は年齢問わず。

 

40後半になってくると更年期障害キテる女が多いからこの辺がピークかな?って思います。

 

やっぱり狙いは人妻ですね。

 

彼女ら、想像以上に色々溜め込んでますし(笑)

 

でも、基本的に家庭を崩したくないって女が大半なので、いざ会うとなると結構時間がかかるモノです。

 

 

 

もし、あなたが究極のせっかち!と自覚している人は、援交人妻でも捕まえて、数回に渡って小遣い渡していたらいずれセフレになってくれるかもしれません。

 

合計金額を考えると、金銭的余裕のある人にしかオススメ出来ませんが・・・汗

 

 

セックス依存症になる原因など

 

 

世界的にも知名度の高いプロゴルファーのタイガー・ウッズや俳優のマイケル・ダグラスやチャーリー・シーン等が、セックス依存症である事を告白して広く名前が知られる様になりました。 

 

 

その名の通り、自分の性衝動をコントロールできない心の病気です。

 

その名前から、いつもセックスしているイメージを抱きがちですが、相手は生身の女性(男性)だけではありません。

 

本やネット等、バーチャルの世界なども含まれています(1日に何度も自慰行為をしてしまうや、置換や盗撮等)。

 

アメリカでは一般的な病気として認識されていますが、ここ日本ではダーティーなイメージから公表している人は殆どおらず、知名度も低いです。

 

この病気の特徴として、自分がセックス依存症である事を気付き辛い事です。

 

セックスを何度もしてしまう、オナニーを日に何度もしてしまうからと言ってセックス依存症というわけではないらしいので注意が必要です。

 

セックス依存症の人は、性的欲求を発散させるというよりは

 

「負(ネガティブ)」な感情をコントロールする方法として、セックスをしている場合が多く、挿入の行為自体よりもセックスのプロセスに依存していることも多いそうです。

 

例えば盗撮の場合は、周りにバレないか?

 

ドキドキが楽しく、実際に撮れた画像は確認しないとか、セックスもそれに至る流れ(口説きや服を脱がせるまで)に興味があり、それ以降は実はあまり重視していない等です。

 

そんな事もあり、依存症の人全てがセックス好きではなく、ふとしたきっかけでセックス(や自慰行為、痴漢行為)をしなければいけないと衝動的に感じて行為に及んでしまうのです。

 

そんなセックス依存症に陥ってしまう原因ですが、はっきりとした事はまだまだ解明されていないそうです。

 

ただ、良く言われているのは幼少期の性的虐待、両親の愛情不足(冷たくされた、ネグレスト等)、

 

親から厳しく育てられた、逆に親から甘やかされてどんな事も先回りでしてもらった、家族に何かしらの依存症がいる、等の他にいつも仕事等でストレスを感じている人も発症してしまう事があるそうです。

 

男性が発症しているイメージが強いでしょうが、最近では女性の患者も増えているそうです。

 

 

 

セックス依存症の女性に会ってみた感想

 

さて、今回ご紹介する女は札幌市内在住の31才の現役人妻さん。

 

 

当然?出会い系で見つけました。

 

知り合ったのは、今から4ヶ月前!

 

「ラインからはじめませんか?」って掲示板で書き込みに、俺がレス付けたのからスタートしました。

 

当時の俺はセフレがいました。

 

今はフラレちゃったけど、その時は女に不自由していなかったんですよね(笑)

 

でも、相手も人妻だったから、夜になるとラインも出来ず。

 

その穴埋めしている女っていないのかな?って探している時に今回の女と知り合ったって感じです。

 

 

最初の数回はアプリ内でやり取りして、翌日にはラインを交換していました。

 

やり取りに関しては、趣味や好みの食い物の話しが多かったですな。

 

2週間位すると、徐々に家庭の事とかも話してくれる様になってきて。

 

子供は現在7才とかで、全然言う事聞かないんだそう。

 

旦那は子育てに無関心で、休みの日はいつもパチ屋に入り浸りしているそうです。

 

そこから毎日愚痴を聞いていた訳ですが、まぁ俺も人間だし聞くのが面倒になってきて。

 

徐々にラインをしなくなっていました。

 

そんなある日、突然彼女から「お酒飲みませんか?」ってお誘いが。

 

断る理由も特にないので?モーライ豚のやきとんがウマイ「鈴木徳太郎商店」にて初顔合わせする事に。

 

実はこの時まではっきりした顔を見た事がなく、ちょっとドキドキしてた俺です。

 

が、やってきたのは想像以上の美人!

 

 

久々にトキメイてしまいましたがw彼女は至ってナチュラル。

 

特に飾った様子もなく、初対面じゃない不思議な感じでした。

 

しかしこの女が良く飲む!

 

同じペースで飲んでいると、俺の方がヤラれてしまいそうでした。

 

2時間後には結構ベロベロになってて「今日旦那がいないから朝まで大丈夫だよーww」って騒いでいました。

 

じゃぁ一先ずホテルイク?って誘うと「お酒買お!コンビニでw」と俄然乗る気になった彼女。

 

実は今回女と飲むに当って、ビジホを押さえていました。

 

毎日愚痴を聞き続けていましたからね!もう会う前からヤルつもりでした(笑)

 

先ずはチューハイで乾杯。

 

それを一本飲み干した彼女は風呂へ。

 

お呼ばれするかと思っていたら、呼ばれませんでした(笑)

 

 

で、入れ替わりで俺がシャワー浴びて出てくると、彼女はなんと爆睡していました(汗)

 

悔しいので、オマンコ開いて写真をバシバシ撮ってきてやりました。

 

それがこちらの画像(笑)

 

しかし俺も酒が回ってそのまま爆睡!

 

起きた時には既に朝の7時になっていました。

 

「あー、良く寝た!で、エッチしたんでしたっけ?w」って彼女。

 

いやいや!全然手を出してないよ!って言うと、妙に関心されちゃって「お礼にエッチしてあげる」ってセックスしました。

 

前戯もそこそこに挿入したんですが、挿入すると彼女泣くんですよ(汗)

 

なんでも気持ちよすぎて泣いちゃうそうで、ヘンな女だなぁって思ってました。

 

その日以降、彼女からの呼び出しが急増。

 

仕事中でも関係なしに呼ばれて、旦那不在の自宅やホテルでセックスしています。

 

どうやら彼女、セックス依存症っぽい感じ、セックスしてる時がイチバン生き生きしてる気がするんです。。

 

 

 

 

セックス依存症の治療

 

自分はセックス依存症かも?と感じた方は、まずカウンセリングを受けましょう。

 

病院は心療内科と思われるでしょうが、セックス依存症に詳しいドクターでないと、単に薬の処方をもらえるだけで、解決には至らないケースも。

 

それを避けるためにもカウンセリングを受け、自分がどの過去から立ち直れないのか?を共に見つけていく作業をしていく事になります。

 

重篤な場合、リハビリ施設で矯正プログラムを勧められる事もあり、施設に入って更に詳しいカウンセリングや薬の処方などで治療可能な病気であるため、セレブの中にも施設に入所し回復した人もいます。

 

ただ、高額な費用がかかってしまう事や、長期の入院が必要になってくるので現実的ではないのが欠点ではあります。